出稼ぎの交通費問題

こんにちは!求人サポートセンタースタッフのちぃです(*^_^*)

出稼ぎというと、稼ぎはもちろん、交通費も気になるところですよね。

そこで、今回は出稼ぎの交通費についてリサーチしてみたいと思います!

基本的には支払われます

ed7ee0548bc78d1dd2759cc335fe2271_s

出稼ぎの交通費のルールとして「〇日以上働いたら払います」という場合がほとんどです。

特に地方で出稼ぎの女性を募集している店は、地元では女性が集めにくいため、出稼ぎに来てくれる子は貴重な存在です。

そんな地方まで来てくれる有り難い女性に対して「交通費払いません!」という店はほぼないです。

よくあるパターン

よくある例として・・・

5日勤務で『片道分支給』
10日勤務で『往復分支給』

という場合が多いです。

例えば関東→九州など遠方の場合だと・・・

7日勤務で『片道分支給』
14日勤務で『往復分支給』

と、一週間単位にされることもあります。

例外のパターン

必ず14日勤務でないと『交通費自体支給しない』
東海→関東などさほど遠くない場合、3日程でも『片道分支給』
関東→関東などの場合『交通自体支給しない』

などなど、店によって大きく異なります。

優しいお店だと、数日だけでも片道出してくださる店もあります。

滞在期間ではなく勤務した日数です!

注意しなければならない点として、例えば7日勤務の場合、滞在日数が7日ではなく、実際に働いた日数が7日でなくてはなりません。

滞在が7日でも途中で2日休んだ場合、実際に働いた日数は5日なので、2日分足りず交通費は支給されません。

この場合で交通費を貰うとしたら9日滞在し、7日働き2日休むという感じにしなければなりません。

領収書って必要?

当たり前です。領収書は「ここから来ました!」という絶対的な証明なので、必ず受け取り無くさないようにしてください。

領収書を紛失してしまった場合は、交通費は支給されないと思っておくべきです。

今はICカードが普及しているので、うっかり取り忘れてしまった!ということも多いので気を付けましょう。

ちなみに、グリーン車で来たなどの贅沢した分は支払われません。

特に新幹線や特急の場合は「普通乗車料金」分のみ支払われ、自由席代・指定席代などは実費ということもあります。

途中で帰りたくなっちゃった・・・

これも良くあることです。

「実際に行ってみたら合わない店だった」「途中で体調を崩してしまった」など。

この場合、店によって交通費を支払ってくれる場合と、支払ってくれない場合があります。

例えば、5日勤務で『片道分支給』、10日勤務で『往復分支給』の店に10日予定で出稼ぎに行っていて、6日目で帰還するすることになってしまった場合、5日はクリアしているので片道分は支給してくれることが多いです。

しかし、厳しい店だと「約束と違う」という理由で交通費を支給してくれないこともありますので、出稼ぎに行ったら自己都合で帰還することは絶対んい避けるべきです。

出稼ぎ交通費まとめ

都心部から地方へ出稼ぎに行った場合、交通費代だけでも馬鹿になりませんので、事前に必ず店側とよく取り決めをしておくことが大切です。

当社ではそのようなことも間に入ってやり取りを行いますので安心です。

好条件で出稼ぎ希望でしたら、まずはお気軽にご相談ください♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ