【在籍と出稼ぎ】それぞれ向いている女性の特徴をまとめてみました

在籍と出稼ぎはどちらが稼げる?

ここ数年で大人気となった風俗の出稼ぎですが、人気になった背景には『高額な保証』があります。

風俗の出稼ぎの場合、必ず保証が付きますので、接客人数がどうであれ保証分は必ず貰うことが出来ます。

極端な話、保証が5万円の場合、例えお茶でも5万円は保証されている(支払われる)というわけです。

では正直、在籍と出稼ぎはどちらの方が稼げるのでしょうか?イメージだと出稼ぎかもしれませんが、女性によって異なりますので、100%出稼ぎの方が稼げるとは言い切れません。

それぞれ向いている女性の特徴を書いていきたいと思います。

出稼ぎの方が稼げる女性の特徴

①在籍で働いても思うように稼げない

→”思うように”の部分が個人差があると思いますので、日給1~3万円ほどしか稼げていない場合は出稼ぎの方がお勧めです。

②お茶引き

→言うまでもありませんが、保証有りの出稼ぎの方が稼げます

③都心部の高級店で通用するレベルの女性

→このパターンは地方から都心部への出稼ぎになります。地方には高級店が少ないです。ですので、ハイレベルの女性であれば、都心の高級デリヘルやソープに出稼ぎにきた方が稼げます。

在籍の方が稼げる女性の特徴

①都心部の高級デリヘルやソープなどで十分に稼ぐことが出来ている

→この場合、出稼ぎに行っても稼ぎが在籍以下になることが考えられますので、お勧めできません。

②コンスタントに日給4~5万円以上稼ぐことが出来ている

→出稼ぎの保証は4万円~が多いので、業種を問わず在籍で毎回5万円前後稼げているのであれば、出稼ぎに行っても稼ぎがあまり変わらないかもしれません。

地方の風俗店は女性が足りない

東京をはじめとする都心部では、有り余るほど風俗嬢が沢山います。その結果、稼げない風俗嬢が増加するようになってしまいました。

一方、地方は反対に風俗で働く女性が不足気味です。

風俗を利用する男性の割合だけで考えると、都心部も地方もあまり変わりません。都心部の場合、利用する男性も多いですが、その分風俗店の数も多いです。地方の場合、都心部と比べると利用する男性は少ないですが、その分、風俗店や風俗嬢の数も少ないです。

結果として、風俗を利用したい男性の数はあまり大差がないわけです。

ですので、都心部であまり稼げない女性でも、働く女性が少ない地方であれば、しっかり稼ぐことが出来ます。

風俗が本職の女性は特にお勧めです

風俗を本職としていて、思うように稼げなかったり、お茶引きが多い女性には特に出稼ぎがお勧めです。

女性によっては、数か所を順番に回る方もいます。

出稼ぎの場合、1週間以上であれば、大半の店で交通費も支給されますので、こちらの負担もありません。寮費など多少引かれるものはありますが、寮費なども都心部と比べると安い傾向にあります。

また、引かれるものがあった場合でも在籍で働くより、結果として大金を持ち帰ることが出来ます。

自分が「出稼ぎの方が稼げるタイプ」か「在籍の方が稼げるタイプ」なのかを良く理解した上で、どのように稼ぐのが最善か考えてみて下さい♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ